塩分過多

ツイッターよりもう少しちゃんと書き留めておきたいこと(当社比)をまとめるゆるいブログ。

『スタンド』という病~スタンドの素質と遺伝についての一考察~

アニメジョジョでついに「矢」の話が出てきたので、このついでにツイッターで呟いていたスタンド考察をまとめようかと思います。

今回のネタはこのツイートに連なっているツリーの内容とほぼほぼ一緒ですが、自分で毎回ツイート発掘してくるのが面倒くさいので記事にします。

なお、それらしいことを書いていますが、筆者は医学専門ではないので付け焼刃の知識であることをご了承ください。

 

作中で言及されていること

まずは作中で言及されていること/確認されていることをまとめていきます。

①『スタンド使いには先天性/後天性の者がいる』

スタンド使いには、生まれたときからスタンドを持つ「生まれつきのスタンド使い(先天性スタンド使い)」と、後天的にスタンドを獲得した「後天性スタンド使い」がいる。
「生まれつきのスタンド使い」の内、8部における岩人間は90%がスタンド能力を持つとされている。
また、「生まれつきのスタンド使い」の中には、家族にスタンド使いを持たない例もある(花京院、ポルナレフ)。

②『スタンド能力は遺伝する』

劇中では現時点まで「スタンド使いの子どもだがスタンドを持たない・見えない」ケースは(筆者の記憶の限りでは)確認されていない。
また、父親だけが後天性のスタンド使いでも、「スタンドの素質」や「スタンド能力」は遺伝する。(ホリィ・トリッシュ徐倫

③『スタンドの素質は外的要因によって開花することがある』

スタンドを視認できる「スタンドの素質」だけが開花し、「スタンド能力」が開花しないものもいる(ホリィ・康一・トリッシュ徐倫)。また、これらの「スタンドの素質」保持者は、トリッシュを除いて外的要因によって「スタンドの素質」を得ている。

④『波紋とスタンドは地続きのものである』『波紋の素質は遺伝する』

ジョセフは後天的スタンド使いだが、先天的波紋使い。また、ジョセフは波紋の素質をジョナサンから隔世遺伝している。

また、波紋とスタンドが地続きのものであることは、ジョジョニウム巻末で荒木先生が言及している。

 

以上のことから、今回筆者はスタンド能力は遺伝子異常から発現する“遺伝子疾患”である』『同様に、波紋の素質とスタンドの素質は同一の遺伝子異常である』という一考察をしました。

スタンド能力遺伝子疾患説とその根拠的なもの

先述した原作で言及されていること/確認されていることを、現実世界の事象と結びつけて考えてみると、驚くほど遺伝子疾患のそれと一致します。

冒頭に乗せたツイートの通り、荒木先生は「時を超えて血族に受け継がれるもの」を描いてるわけなんですから、そりゃあ現実世界で時を超えて血族に受け継がれるものである、遺伝子疾患とスタンド能力が似てるっていうのは当たり前なんですが、それでもスタンド能力は遺伝性疾患≒“病”としての側面があるんじゃないかって話がしたい、それだけです。

以下、つらつらと書いていきます。

①『スタンド使いには先天性/後天性の者がいる』

遺伝子疾患は両親に原因となる遺伝子異常が無くても、子どもの遺伝子が突然変異して発現する場合がある。
つまり、スタンドの素質が遺伝子に含まれると考えると、花京院やポルナレフは『突然変異の』先天性スタンド使いではと考えられる。

また、岩人間は90%が生まれつきスタンドを持っている。これは、種族としての遺伝子にスタンドの素質の型が含まれていると考えられる。

後天的スタンド使いの多くは、「矢」「悪魔の手のひら」「壁の目」といった外的要因によってスタンドの素質を得ている場合が殆どとなっている。
遺伝子は放射線や強いストレスなどの外的要因によって変異する場合がある。矢などは遺伝子に異常を起こし、後天的にスタンドの素質を生み出しているのでは?

②『スタンド能力は遺伝する』

遺伝子疾患の素因は、遺伝子の異常として子孫に受け継がれていく。
父親だけが後天性のスタンド使いでも、「スタンドの素質」は遺伝する。非常に強い優性遺伝(顕性遺伝)だと考えられる。

③『スタンドの素質は外的要因によって開花することがある』

遺伝子疾患には、複数の遺伝子異常と環境条件が揃った時に初めて発症する(予防できる)ものがある。康一、トリッシュ徐倫のようなスタンドの素質だけではスタンド能力が発現しなかったケースは、これと似ている。

④『波紋とスタンドは地続きのものである』『波紋の素質は遺伝する』

ジョセフは後天的スタンド使いだが、先天的波紋使い。また、ジョセフは波紋の素質をジョナサンから隔世遺伝している。つまり、波紋の素質とスタンドの素質は同一の遺伝子異常なのでは?と考えることもできる。

また、DIOはジョナサンの身体を奪い、後年「矢」に刺されることでスタンド能力が発現している。
(メタ事情を抜きにすると)ジョナサン(の体)はスタンド能力発現には至らなかったもののスタンドの素質=波紋の素質を持っており、「矢」による更なる遺伝子異常によってスタンド能力が発現したのでは? 

 

更に付け加えれば、スタンド能力はぱっきりした遺伝子疾患ってわけではなく、それこそ自閉スペクトラム症みたいなスタンド使いと非スタンド使いは地続きでグラデーションになっている…みたいなモデルじゃないかとも思います。
実際スタンドの素質持ちでも康一くんはスタンド見えたけど、他の二人は見えなかったわけですし。

また、少し脱線すると、「花京院のルーツが昔「あやかし」とされていたものにあったらいいよね」とかオカルト妄想も実はしていたりするんですが、オカルトって昔での精神障害や遺伝子疾患のありかたじゃないかと思ってるので、今回の考察とは自分の中では地続きだったりします。(この話もしたい)

 

以上、スタンド好きの一考察でした。

DeNA大学メギド学部 フォトンドリブン特講 第一回「大幻獣戦におけるフォトンドリブンの実践」

えー、それでは、ね。はい。講義の方を始めて行きたいんですけども、皆さんはえー、数ある学部の中でもあえてメギド学部にいらっしゃった、選んで来られたということでね、まずはフォトンドリブンを学ばなければならない、そういうわけでこの授業もカリキュラムで必修になってるわけなんですけども、そもそもフォトンドリブンって何だ、という質問を私にされてもですね、説明が難しいわけです。
私もまだソロモン初めて…半年?かな?で、この授業も今年から持つことになって何で自分がねぇ、って気持ちもあるんですけど、まあ担当するからには皆さんに少しでもフォトンドリブンを分かってもらいたいな、と思ってます。はい。

それで、私の授業なんですが、座学と言うよりは実践で見てもらう方が多いです。はい。初回だから今回だけちょっと座学多いけどね。
で、ごめんね、まだシラバスの方が出来てないから配ってないんだけど…まず、敵が少ないときのフォトンドリブンからやっていって、段々敵が多かったりだとか、メギドだとかという時のフォトンドリブンやっていきます。はい。

なんでね、今日は皆さんに、フォトンドリブンの時って何考えてるのかなーってことをね、大幻獣戦で見てもらおうと思います。
いきなり大幻獣?って思うかもしれないけどね…思うでしょ?思わない?
でも大幻獣が私なりに一番分かりやすいと思っててね。今回はこれ使っていきたいと思います。はい。

あ、私の授業ノートとかいらないから。テストしないんで、頭に入れてもらえればそれでいいです。はい。

 

実際に見てみよう

今回のお題

f:id:halite-kismet:20190507181928j:image

 

今回使う大幻獣これね。「死をあやす者」。戦ったことある人?……まあこれはいるよね。じゃあ、コンプリート安定して出来る人?……これは意外といないね(笑)

えー、なんで今回これ持ってきたかというと、

(黒板に書く音)

  • 盾役とそのHP管理
  • 取りたいフォトンと取られたくないフォトンの考え
  • 敵の覚醒ゲージの管理

この3つ。(黒板を手の甲で叩く音)これね、メギドやる上でけっこー大事な所なんだけど、それをまとめてお勉強出来るからです。

では敵のデータを詳しく見ていきましょう。後ろの方見えてる? あ、見えてるね。

f:id:halite-kismet:20190507181928j:image

特性は今回無視していいです。使わないんで。
見てほしいのはね、まずスキル。これね、状態異常2つと1.8倍ダメージ。あ、これエクストリームでの数字なんだけど、まあどっちも重い。ダメージも状態異常も。

そんで次覚醒スキル。覚醒スキルってのは、知ってると思うけど覚醒ゲージ満タンの時に使えるスキルのことです。これ全体ダメージとステータスダウン。まあこれも65%って重い。

んで最後、奥義。こーれ卑怯だよね!(笑) ランダムで即死ですよ?ガープ効かないんですよ。かばう無視する。

とまあ、見てもらえば分かる通り、覚醒スキルと奥義がとにかく重い。こっちのパーティとか攻め筋壊してくる。分かりやすいバーストタイプですね。

(黒板に書く音)

  • 覚醒ゲージを満タンにしてはいけない
  • 状態異常を盾役に集中させる

なんですけど、逆を言えばこれしか考えなきゃいけないことない。(下線を引く音)
他の大幻獣って蘇生したりとかアホみたいに固かったりとかいろいろあるんですけど、こいつについてはこの2つしか考えることない。(再び下線を引く音)

なのでね、今回はこの「死をあやす者」を使ってフォトンドリブンの話をしようと思います。
あ、あと私結構「フォトンを回す」って言い方使っちゃうんですが、これ、フォトンドリブンと同じだと思ってください。スミマセン。

パーティ紹介


f:id:halite-kismet:20190507183657j:image

今回私が準備したパーティがこんな感じです。たぶんみんな知ってるメギドじゃないかな。先日のイベントで配布されたキマリスをリーダーにした、トルーパー主体のPTです。

まずね、キマリス。ね。はい。教科書の66ページ見てほしいんですけど、

奥義でスキルと攻撃力アップ、で覚醒スキルが攻撃とスキル追加。見て分かる通り、スキル主体のラッシュトルーパーですね。はい。
それでなんですけど、マスエフェクトってところを見てほしいんですが、同じラッシュのトルーパーに死者特攻配れるんですね。
この死者属性、今回の「死をあやす者」、もってます。なのでね、はい、今回はリーダーにしたと。

 

で、じゃあそのマスエフェクト…ME(エムイー)って呼ぶんですけど、ME踏ませる、あ、MEが発動できるメギド、誰呼ぶかって話なんですが、私ビフロンス好きなので(笑) 今回はビフロンスにします。

あ、教科書は46ページ。ここの枠はね、ラッシュで奥義が単体攻撃のトルーパーならだれでもいいです。ウェパルとかフラウロスとかちょっとひねってプルソンとかもいいかもしれない。で、ウェパルとかはスキルでもダメージソースになるんですけど、ビフロンスはあんまり単体だとダメージ出ないので。今回は奥義しか使いません。覚醒スキルも使わない。

 

で、アタッカーが決まったところで、盾役が必要か考えるんですがー…まあみんな入れますよね(笑) というわけでガープです。教科書は33ページ。

こーれは私説明しなくてもいいよね(笑)。スキルでかばうする盾です。今回はベインチェイサーは使わないやり方で行きます。
あれねー、強いんだけどハードル高いんですよね。私も苦労しました。それに今回はスピード討伐目的じゃないんで。はい。

 

で、その次に欲しいのが回復役ですね。今回は状態異常あるのでアンドラスにします。

アンドラスはね、今回の戦闘では使わなかったんだけどね、かばう無いときにアタッカーに状態異常撒かれた時に便利です。今回みたいに奥義使うのは私は珍しい方かな。奥義はあとでちらっと出てくるので目を通しておいてください。
あ、ごめんなさい教科書は63ページです。言い忘れてた。

 

最後の一枠、私はたいていバーストのメギド入れます。今回は前列だけなので、ラウムを入れました。後列メインの時はクロケルブエルだけど、今回はそうじゃないのでラウムラウム40ページです。

彼はね~~~優秀なんですよね~~~。何がいいって、スキル1つで前列覚醒+1。これ出来るのね、あとはティアマトくらいなんですよ。でもティアマトもちょっとクセがあるから素直な前列覚醒増加メギドは彼くらいです。これは覚えておいてください。
後ね、サポーターとしてもサブアタッカーとしても働ける。覚醒スキルがですね、ちょっと覚醒ゲージ5個って多めなんですけど、それでもほぼ実質4倍ダメージ。
それで奥義が2.75×2の約5.5倍ダメージで、これで攻撃力そこそこあるんだからまあ強い。
是非、皆さんも迎えたら育ててほしいメギドです。はい。ええ。

 

それで、話は少し脱線したんですけど、先ほど話したように、今回のPTはキマリスとビフロンスをメインアタッカーで、他3人でフォローしていく感じです。
ダメージ筋としてはキマリスの奥義状態スキル・覚醒スキル、ビフロンス奥義、あとはラウム覚醒スキルと奥義ですね。毒が通らないので、アンドラスの覚醒スキルはノーカウントにします。
まあ、キマリスが脆いので、かばうは切らせないなって感じなんですが、キマリスの奥義使えば1ターンはスキルフォトン渡さなくてもかばってくれるので。それも狙っていけるので、ME踏めないけどガープとのシナジーもあります。

 

装備させているオーブも見ていきます。

今回のパーティでは、さっき黒板に書きました「敵の覚醒ゲージの管理」がメギドの力では出来ません。
そこで、それを補うオーブを使います。『カラミティエッグ』です。


f:id:halite-kismet:20190507183936j:image

これはですね、1ターン間隔で8割の確率で敵単体の覚醒を-2できるという、非常に強力なRオーブなんですね。はい。
さらにダメージも減らしてくれるため、かばうが無いときの事故予防にも少しだけなります。

今回はですね、2つ使います。はい。回復以外に役割の少ないアンドラスと、スキルを使わないビフロンスに持たせますね。キマリスに持たせてもいいんですが、ちょっと奥義の回転率が悪くなっちゃうので、仕事少ない方のビフロンスに持たせます、はい。

 

そしてメインアタッカーのキマリスなんですが、自身の攻撃チャンスを増やす、スキルを付与するオーブを持たせます。
今回は『インサニティ』にしました。これはイベント限定オーブで現在はEV召喚チケット以外では入手できなくなっちゃったんですけど、恒常で出てくるオーブの『ミミック』でも代用できますね。どっちでもいいです。


f:id:halite-kismet:20190507184831j:image

 

そしてガープには、敵の奥義対策兼覚醒スキルの全体ダメージや、スキルフォトンが無いときのHP回復手段として、列回復オーブの『アビシニアン』。


f:id:halite-kismet:20190507184956j:image

 

ラウムには、奥義使われちゃってね、誰か倒された時のために蘇生オーブの『メイジマーマン』を持たせます。メイジマーマン持ったバーストメギド1体入れて、蘇生筋持たせるのはどんなパーティでも使える手段なので、覚えておいてください。


f:id:halite-kismet:20190507185408j:image

 

…なんですけどね。ここまで説明しておいて非常にあれなんですが、ガープとラウムに持たせるオーブは迷いまくっているというのが正直なところですね。
覚醒スキルによるステータス低下が地味にやっかいなので、ラウムにステータス異常回復の『グリモワール』(恒常ガチャ)を持たせた方が良いのかもしれないし、ガープの体力がごりごり減るので、ダメージソースとして体力が減れば減るほど強いダメージを与えられる『ジンくん』(イベントオーブ)、あるいはダメージを抑えつつ攻撃もできる『マクベス』(ガチャSSR)、それかいっそダメージを受けなくする『ケイブキーパー』(恒常ガチャ)か……と選択肢は色々あります。はい。あ、今はここ分からなくても大丈夫です。後からああ、そんなこと言ってたな~くらいでいいので。はい。また脱線してすみません。
まあ、メイジマーマンとカラミティエッグ2個以外は、手持ちのオーブと相談かもですね。

 

では、準備ができたところで実際に戦ったときの説明をしたいんですが、長くなったので一旦休憩にします。はい、脱線多くてすみません。
じゃあ次は15分後からで。お願いします。

 

(つづきます)

 

メギドの元ネタさっくり調べてみた④いつメン編(後編)

前回:SAKEイベントのいつメン不在感新鮮だったね

siodimaly.hateblo.jp

 

メギドがどこまで元ネタ…悪魔伝承などなどを踏まえているか気になったので、この際調べてみることにしました。

目指せ全メギド制覇!(多分無理)

というわけで今回は、祖メギド編最初ということで、いつメンこと初期メンバーよりバルバトス」「シャックス、1章追加メンバーのガープ」「マルコシアスについて取り上げてみようと思います。

なお、筆者はこのあたりの専門ではないうえ、インターネットと一部書籍を中心に「さっくり」知らべた情報なので、その辺りはご注意願います。

 

バルバトス

f:id:halite-kismet:20190320205155p:plain

https://megido72-portal.com/megido/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%88%E3%82%B9

メギドNo.8、主に笛吹く吟遊詩人・バルバトス。某ゲーで1秒間に44本殺されたことで非常に有名ですね

エノク書のデーモン及びソロモン72柱の一人で、地獄の30の軍団を率いた伯爵兼公爵であるとされます。また、中世の神学者には、かつては天界で主天使または力天使の地位にあったと主張されたそうです。まさかの元ハルマ説。
自らの率いる軍団の先頭に立ち、射手か狩人の姿で森に現れるとされています。『地獄の辞典』では、「地獄のロビンフッド」なる異名が挿し絵につけられていたり。
鳥や雄牛などといった動物の鳴き声による占いの達人であり、友人同士のいさかいの調停役も務めるとされています。もしかしたら一行のバランサー的な役割が多いのはこの辺りもある…のかもしれない。
また、メギド体で構えているホルンは、『地獄の辞典』にある「四人の王が彼の前でホルンを奏でる」の記述からの連想だと思われます。自分で奏でてるじゃんというツッコミはなしで。

 

シャックス

f:id:halite-kismet:20190323121010p:plain

https://megido72-portal.com/megido/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

メギドNo.44、鳥頭ことシャックス嬢。スコクス、スコックス、シャクスなどなど表記があるようですが、メギド72ではシャックス表記になっています。
(『地獄の辞典』『悪魔の事典』のどっちにも「シャックス」表記はなかったのだけど、どこから取ったんだろう…Wikipediaは「シャックス」表記だったけど)
ソロモン72柱の一人で、30の軍団を率いる地獄の公爵兼大侯爵であるとされます。
メギド72ではやたら「不幸」が強調されていますが、原典ではとくにそういう能力を持っているわけではなく、召喚した者のために金を盗んだり、隠された財宝のありかを教えたりといった能力を持っているとされています。メギド体が地図を持っているのは、後者の能力からでしょうか?
また、劇中では「鳥頭」扱いですが、原典ではむしろ召喚者に対しても嘘を吐き、魔法の三角形に閉じ込められないと本当のことを話さないという、狡猾かつやっかいな悪魔であるとされています。
けっこう原典伝承から違いのあるシャックスですが、鳥(コウノトリ)の姿で現れるというところは変わっていません。ずいぶん可愛くなっちゃっているけど。

 

ガープ

f:id:halite-kismet:20190323122627p:plain

https://megido72-portal.com/megido/%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%97

メギドNo.33、全国n百万人(推定)のモンモンの息子・ガープ。
筆者の推しメギド筆頭です。うおーッ!息子ーッ!
タプ、タップ、ゴアプと呼ばれることもありますが、メギド72ではガープ表記です。
エノク書のデーモン及びソロモン72柱の一人で、60の軍団を従える地獄の大総裁、そしてエノク書では「四方のデーモン」の一人として伝えられている、非常に地位の高い悪魔です。さすがおれたちの息子だ。
ちなみに、かつては能天使の階級にあったが堕天したという説もあります。嘘だろ息子。
正午の時のみ、4人の王を伴った人間の姿で現れるとされていますが、本当の姿は翼と2つの角を持った悪魔らしい悪魔の姿(メギド72のエネミーではデーモン系に近い)であると伝えられています。これは、コラン・ド・プランシーの『地獄の辞典』の影響が大きいそうな。
能力も、人を無知にしたり逆に教養を与えたり、使い魔を奪い取る、過去・現在・未来の出来事について答える、召喚者を瞬間移動させると多岐にわたっています。さすがおれたちの息子だ。

「四方のデーモン」は劇中の「フォルマウスの四冥王」の元ネタであると思われます。
これはエノクのデーモンについての文献に記載されている悪魔のリストで、悪魔学者であるレギナルド・スコットによれば、アマイモンが東の王、ゴルソン(コルソン)が南の王、ジニマルが北の王、ガープが西の王であるとされています。
一方で、東の王がウリクス、南の王がアマイモン、西の王がパイモン、北の王がエギュンであるとするリストもあるようですが、フォルマウスの四冥王の描写を見る限り、メギド72で採用されているのはスコットの説でしょう。
ちなみに「フォルマウス」の方は文献・インターネット共に元ネタが見つかりませんでした…そもそも何語かも不明なので、もしかしたらメギドラルの地名としての造語なのかもしれません。

 

マルコシアス

f:id:halite-kismet:20190323124629p:plain

https://megido72-portal.com/megido/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%82%B9

メギドNo.35、私本性獣嵐如破壊力!ことマルコシアス。一部の文献ではマルコキアス、と呼ばれることもあるそうです。
エノク書のデーモン、そしてソロモン72柱の一人であり、30の軍団を率いる地獄の大侯爵であるとされています。
エノク書ではグリフォンの翼と蛇の尾を持つ牝狼の姿で現れるとされており、メギド体のデザイン、そして転生後の女性の性別設定はここから取られていると考えられます。また、先述の悪魔学者・スコットによれば、人間の姿で現れるときには長身の騎士の姿で現れ、あらゆる質問に忠実に答えるとされています。
加えて、元は主天使の地位にあったとされており、グリモアゴエティア』『悪魔の偽王国』ではソロモン王に第七の玉座(神の住居とされるところ)に戻りたかったと話す描写があるそうです。

ちなみに、イベントで共演したアンドレアルフスとの原典での接点はそこまではなく、同じソロモン72柱であること程度でした。意外。

 

 

という感じで、メギドの元ネタ「さっくり」調べてみた、いつメン後編でした。

そういえば地獄の地位に関する話をし忘れたので、次回余裕があったら入れますね。

こんな感じでさっくり気ままに調べていきたいと思うので、よかったら今後もよろしくお願いします。

もしここの元ネタこれだよ!とかここ間違ってるで!とかありましたら、コメント頂けると嬉しいです。

 

【参考文献(インターネット以外)】

悪魔の事典(1992・青土社
著:フレッド・ゲディングズ 訳:大瀧啓裕

地獄の辞典(1990・講談社
著:コラン・ド・プランシー 訳:床鍋剛彦

メギドの元ネタさっくり調べてみた③いつメン編(前編)

前回:アガリアレプトさん復刻まだかな

siodimaly.hateblo.jp

 

メギドがどこまで元ネタ…悪魔伝承などなどを踏まえているか気になったので、この際調べてみることにしました。

目指せ全メギド制覇!(多分無理)

というわけで今回は、祖メギド編最初ということで、いつメンこと初期メンバーよりブネ」「ウェパル」「ラクについて取り上げてみようと思います。

なお、筆者はこのあたりの専門ではないうえ、インターネットと一部書籍を中心に「さっくり」知らべた情報なので、その辺りはご注意願います。

 

本題に入る前に、そもそも「祖メギド72柱」ってなんなの?という話に触れておこうと思います。

様々な伝承・宗教等を出典に持つ真メギド達と異なり、祖メギド72柱は全員、ソロモン王の作とされるグリモア(魔術書)『レメゲトン』の第一章『ゴエティアゲーティア、ゴーティアとも)』を出典に持ちます。俗に「ソロモン72柱」「ソロモンの霊(Spirit of Solomon)」と称される悪魔たちです。タイトルの「メギド72」の「72」という数字もここから取られています。
だけど本によってリストにブレがあるので本当は72柱以上あるのは内緒だ。

さらに掘り下げると、『レメゲトン』(だけでなく他の悪魔学文書)も、黙示文学の『エノク書』…を騙る文献(偽エノク文献)に記された悪魔に関する記述の影響を受けているとされており、ソロモン72柱の悪魔の中でも、エノク書にも記述のある悪魔(以下、エノク書のデーモン)はかなり古い悪魔たちといえます。

ソロモンと悪魔の話をもう少し掘り下げると、伝説によれば、ソロモンが72人の謀叛のデーモン王を集め、真鍮の容器に封じ込めて深い湖に投げ込んだことが始まり。その後、その容器はバビロニア人によって見つけ出され、破壊されたことでデーモンたちは解き放たれ、最も強大なベリアルが崇拝されるようになったそうです。
(少しストーリーに触れる話ですが(以下白文字)ベリアルが最初の追放メギドという設定は、おそらくこの伝説からでしょう。

また、これらソロモン72柱は、それぞれに記号が与えられていることでも有名です。ヘブライ語しか聞こえない漫画読者ならコミックス扉絵で見覚えがあるかもしれません。
メギド72では記号が使われている分かりやすい痕跡はありませんが、もしかしたら隠されているかも…?(知らんけど)

 

それではいよいよ本題レッツゴー。

 

ブネ

f:id:halite-kismet:20190318134751p:plain

https://megido72-portal.com/megido/%E3%83%96%E3%83%8D

メギドNo.26、みんなの頼れるヒロインブネさん。

ソロモン72柱エノク書のデーモン双方に名を連ねる古い悪魔の一人で、『レメゲトン』をはじめとする多くのグリモアでは、地獄の30の軍団を率いる悪魔の「公爵」であるとされています。
召喚されると、人・グリフォン・犬の頭を持つドラゴンまたは獣として現れるとされていますが、『悪魔の偽王国』では一つの頭が人間に似ているとだけ言われていて他の二つには言及がなかったりします。メギド体がドラゴンの姿なのはこの辺りから取られていると考えられます。
能力は会話・智慧の獲得・死の呪文の支配とされており、エノク書のデーモンのリストでは「死者に居場所を変えさせ、死者の墓に悪魔を集める」とされています。

…列攻撃とか覚醒減関係ないな…

また、タタールの魔法使いは、ブネに従う悪魔(魔神)たちをブニと呼び、極めて有害な存在として恐れていたそうです。自分は新人モンモンなのでブニさんのことはミリしらなのですが、ブニさんがブネの元配下?とされているのはこの辺りの記述からでしょう。

 

ウェパル

f:id:halite-kismet:20190318141645p:plain

https://megido72-portal.com/megido/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%91%E3%83%AB

メギドNo.42、メギドが誇るスーパークールビューティー・ウェパルさん。ヴェパール、セパールとも呼ばれるそうですが、メギド72ではウェパル表記になっています。

ソロモン72柱の一人で、地獄の29の軍団を率いる公爵であるとされます。
召喚されると人魚の姿で現れるとされており、メギド体は伝承に忠実なものであることが分かります。また、ソロモン72柱では、グレモリーと並んで「女性体で現れる」と明言された数少ない悪魔です。
能力も水に関わるもので、海を支配する力を持ち、命じられれば嵐を起こしたり船を沈めたりとダイナミック。また、船の幻を作り出したり、人間に有毒な傷を与えて苦しめることも可能だそうです。その一方で、水に関わる者すべての守護者であるともされており、何だかんだスケールの大きい悪魔です。
また、グリモア『悪魔の偽王国』によれば、自分の与えた傷を治す力を持っているとされており、奥義「セイレーンの涙」のHP回復はそこから取られたものかもしれません。
ちなみにセイレーン(セイレンシレーヌとも)は上半身が人、下半身が鳥または魚とされるギリシア神話の怪物。『地獄の辞典』ではウェパルはシレーヌの姿で現れるとされており、奥義名もおそらくここからでしょう。

 

ラク

f:id:halite-kismet:20190320205041p:plain

https://megido72-portal.com/megido/%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%B9

メギドNo.21、元気と肉がトレードマークのモラクスくん。フォライー、フォラクスと呼ばれることもあるそうですが、メギド72ではモラクス表記。

ソロモン72柱の一人で、36の軍団を率いる伯爵にして総裁であるとされます。
雄牛の頭をもつ人間の姿で現れるとされていますが、これにはギリシア神話ミノタウロスが関係しています。ミノタウロスは元々悪魔とは関係のない伝承でしたが、ダンテが『神曲』の地獄篇において取り上げたことで悪魔学の文献で扱われるようになり、それに伴って似た近しい概念であったモラクスも悪魔学に取り込まれた…という経緯があるそうです。メギド体の姿、そして奥義の「ミノスの大戦斧」、贈り物の「アステリオスの兜」はここから来ているのでしょう。
(アステリオスミノタウロスの異名、ミノタウロスは「ミノスの牛」の意)
また『地獄の辞典』には、同じく牛の頭を持つ悪魔・モロクについての記載があります。モロクもまた、子供の生け贄を求める悪魔であり、地獄の宮廷において涙の国の君主および騎士団の指揮官を務めているとされています。
 …直接モラクスが子どもの生贄を求めるという記述はありませんが、関連する悪魔や伝承が子どもの生贄を求めるものばかりなのに、モラクスくんは子どもの姿というの、何かこう…ありますね。

 

という感じで、メギドの元ネタ「さっくり」調べてみた、いつメン前編でした。解説も入れたのですごい長くなってしまった…。

こんな感じでさっくり気ままに調べていきたいと思うので、よかったら今後もよろしくお願いします。

もしここの元ネタこれだよ!とかここ間違ってるで!とかありましたら、コメント頂けると嬉しいです。

 

【参考文献(インターネット以外)】

悪魔の事典(1992・青土社
著:フレッド・ゲディングズ 訳:大瀧啓裕

地獄の辞典(1990・講談社
著:コラン・ド・プランシー 訳:床鍋剛彦

 

メギドの元ネタさっくり調べてみた ②三人娘(?)編

 前回:サバトダメでした(三馬鹿編)

siodimaly.hateblo.jp

 

メギドがどこまで元ネタ…悪魔伝承などなどを踏まえているか気になったので、この際調べてみることにしました。

目指せ全メギド制覇!(多分無理)

というわけで今回は、三馬鹿と対になっているけど三馬鹿的な通称のない三人娘(三人娘でいいのでは?)サキュバスリリム「アガリアレプト」の3人の元ネタから。

なお、筆者はこのあたりの専門ではないうえ、(現時点では)インターネットを中心に「さっくり」知らべた情報なので、その辺りはご注意願います。そのうち書籍情報を盛り込みたい。

 

サキュバス

f:id:halite-kismet:20190315184247p:plain

https://megido72-portal.com/megido/%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%90%E3%82%B9

おそらくこの3人の中ではトップクラスの知名度を誇り、古今東西様々な創作物で登場している悪魔・サキュバス

出典は民間伝承やキリスト教に登場する女性型の「夢魔」。「サキュバス(サッキュバス)」としての名前が出てくるのは中世頃からだそうで、古代ローマ時代から言及があるインキュバスと比べると新しい悪魔ということになるのかな?

インキュバスは男性とゴニョゴニョする悪魔ですが、メギド72ではインキュバス同様性的な側面には触れられず、「夢を操る悪魔」としての側面が強調されています。実際、サキュバスの伝承でも夢でしか会えないといったものがあったり。

衣装やメギド体のデザイン、スキル・奥義名などにはあまり元ネタ反映は見当たらないカンジ。むしろコウモリの羽や尻尾といった、典型的なサキュバスのデザインからあえて大きく外してきている感じが個人的には見て取れます。(メギド体の頭に角があるのは典型例と近いけど、角あるメギド多いからなあ)

 

リリム

f:id:halite-kismet:20190315185351p:plain

https://megido72-portal.com/megido/%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%A0

「リリン」表記だと某アニメ好きの人にはピンと来るかな?な悪魔。地属性なのでパターン青ではない
メギド72では「リリム」表記が正式名称となっています。

出典はユダヤ教キリスト教における悪魔。
リリスが魔王サタンとの間にもうけた子の総称であり、ユダヤ教では最初のデーモン(ユダヤ教キリスト教における人間を誘惑したり、苦しませたりする悪霊)となったとされています。真メギドの1番なのは、きっとこの『最初のデーモン』のあたりからなのかもしれません。
その性質は新生児を襲ったり、睡眠中の男性を誘惑したり、と特に後者の点でサキュバスと関連付けられることもあります。これはユダヤ教よりもキリスト教で顕著だそう。サキュバスと仲がいい・共通点が多いのはここからもあるのかな?

バースト版覚醒スキルの「苦痛のパトス」のパトスは、ラテン語で「情動、情念」の意。決して某アニメ主題歌歌詞とは関係ない…はず
ラッシュ版奥義の「魘夢のプフェーアト」のプフェーアトは同じくラテン語で「馬」の意。
奥義はメギド体の木馬と関係した名前になっていますが、メギド体が何故木馬なのかは分からなかった…

また、踊りが好きなのは『タルグム・シェニー』(旧約聖書エステル記」の注釈版)における、ソロモン王の前で踊りを披露したという一節からと思われます。

 

ガリアレプト

f:id:halite-kismet:20190315191041p:plain

https://megido72-portal.com/megido/%E3%82%A2%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%97%E3%83%88

三人娘の中では知名度低めな悪魔・アガリアレプト。
ヘブライ語しか聞こえない漫画ではダンディー系でしたが、メギド72では男装の麗人です。

出典はヨーロッパの伝承。特に「グリモワール」と呼ばれる悪魔学の文献でその名が見られるそうです。
『真正奥義書』においては、ルシファーの配下で、サタナキアと共にヨーロッパ・アジアに住まうとされ、『大奥義書』では地獄の3人の支配者ルシファー、ベルゼブブ、アスタロトに仕えている6柱の上級精霊のうち1柱で、こちらもサタナキアとともに将軍・司令官を勤めているそうです。また、ブエル、グシオン、ボティスを配下に持つとかなんとか。ヘブライ語しか聞こえない漫画は『大奥義書』の設定を踏まえてましたね
さらに、『アルマデルによるソロモン王の真の鍵』では、ベルゼビュート配下の悪魔とされており、彼と共にアメリカに住むとされています。
メギドがどのグリモワールを下敷きにしているかは分かりませんが、個人的には「ソロモン王」の名を冠した文献、そしてアメリカ≒ミュージカル繋がりで最後の文献を下敷きにしてるのかな?と思います。

あらゆる機密を明らかにする能力を持っているとされますが、メギド72ではそちらではなく、メギドラル製の時計でザ・ワールドクロックアップ時間の停止(自己の加速)を行うキャラになっています。こちらの元ネタは探しても見つからなかったので、メギドオリジナルの可能性が高いかも。

 

という感じで、メギドの元ネタ「さっくり」調べてみた、三乙女…三人娘…バレンタイン組編でした。

やっぱりだんだんとインターネットでは限界が見えてきた…本格的に書籍の導入を図ろうと思います。次からは祖メギドを番号順にやっていこうかな。

こんな感じでさっくり気ままに調べていきたいと思うので、よかったら今後もよろしくお願いします。

もしここの元ネタこれだよ!とかここ間違ってるで!とかありましたら、コメント頂けると嬉しいです。

 

【参考文献(インターネット以外)】

悪魔の事典(1992・青土社
著:フレッド・ゲディングズ 訳:大瀧啓裕

地獄の辞典(1990・講談社
著:コラン・ド・プランシー 訳:床鍋剛彦